HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
情報科学研究科  >
雑誌発表論文等  >

ネットワーク指標を用いたコンピュータHex戦略の開発

フルテキスト
IPSJ-JNL5511014 .pdf1.34 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/64528

タイトル: ネットワーク指標を用いたコンピュータHex戦略の開発
その他のタイトル: Development of Computer Hex Strategy Using Network Characteristics
著者: 高田, 圭 著作を一覧する
本庄, 将也 著作を一覧する
飯塚, 博幸 著作を一覧する
山本, 雅人 著作を一覧する
キーワード: Hex
ゲーム
ネットワーク
媒介中心性
最短経路長
局面評価関数
発行日: 2014年11月15日
出版者: 一般社団法人情報処理学会
誌名: 情報処理学会論文誌
巻: 55
号: 11
開始ページ: 2421
終了ページ: 2430
抄録: Hexは2人零和有限確定完全情報ゲームに分類されるボードゲームであり,先手必勝や引き分けがないことなどが知られている.交互に石を打つことでゲームは進行し,先に自色の対辺を自分の色の石で接続すれば勝利となる.コンピュータHexの国際大会が開かれており,コンピュータHexの研究がさかんに行われている.Hexの局面をネットワークで表現できることが知られており,局面ネットワークを電気回路として評価する方法が有名であるが,局面ネットワークをネットワーク特徴量を用いた評価も可能である.本研究では,局面を電気回路ととらえて評価するのではなく,ネットワークとしてとらえることで,複数の視点からの局面評価を目指す.Hex戦略と局面ネットワークの関係性を明らかにするために,熟練者同士の対戦の棋譜を使用した.棋譜を調査することで,有利なプレイヤの局面ネットワークには,平均最短経路長,平均媒介中心性と盤の両端間の経路長に特徴が現れることが分かった.そこで,平均媒介中心性と盤の両端間の最短経路を考慮した局面評価関数を提案し,その有効性を検証した.その結果,Hexの局面をネットワークとしてとらえることが,強いコンピュータHexの開発につながることを示した.
The game of Hex is the board game with simple rules and is classified as a two-player, zero-sum, logical perfect information game. The game proceeds by players putting their pieces in turn on empty cells of the board. A player wins if player connects the two opposing sides of the board of their own color their pieces. The study of computer Hex is popular enough that there is an international tournament of computer Hex. The electrical circuit model is a well-known method to evaluate boards in conventional studies. The present study investigates an evaluation method using network characteristics obtained from the board, in order to capture board states from different perspectives. To clarify the relation between the network characteristics and Hex strategies, game records by human experts were used. As a result, we found that the averages of shortest path lengths and betweenness centrality show a relationship in the winner's records. Therefore, we propose a novel evaluation function using these two network characteristics and evaluate its effectiveness. Our results shows that it is possible to develop a strong computer hex program using these network characteristics.
Rights: ここに掲載した著作物の利用に関する注意 本著作物の著作権は情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/64528
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 山本 雅人

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学