HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Information Science and Technology / Faculty of Information Science and Technology >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

部分例示に基づく定理自動証明

Files in This Item:
110003312240.pdf769.46 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/64575

Title: 部分例示に基づく定理自動証明
Other Titles: Theorem Proving Based on the Partial Instantiation Technique
Authors: 山本, 雅人1 Browse this author →KAKEN DB
大柳, 俊夫2 Browse this author →KAKEN DB
大内, 東3 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Yamamoto, Masahito1
Ohyanagi, Toshio2
Ohuchi, Azuma3
Keywords: 部分例示
充足可能性問題
定理自動証明
導出原理
Davis-Putnamの方法
Issue Date: 25-Jul-1995
Publisher: 一般社団法人電子情報通信学会
Journal Title: 電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界
Volume: 78
Issue: 7
Start Page: 864
End Page: 871
Abstract: 定理自動証明に対するこれまでの研究として,1965年にRobinsonによって提案された導出原理に基づくさまざまな方法,戦略などが提案されており,現在の定理証明システムの多くはこの導出原理に基づいている.これに対して,Jeroslowは1988年に部分例示手法を提案している.しかしながら,Jeroslowの提案した方法は関数記号を含まない論理式のみを対象としていること,また,節形式を前提としていないために効率が悪いことなどの欠点があった.筆者らはこのこのJeroslowの方法を改善して,関数記号を含まない節形式の論理式の充足可能性を判定する手続きを提案して,その有効性を示している.本論文では,この手続きを拡張した定理証明手続きを提案する.すなわち,関数記号を含む論理式を扱えるようにしている.また,本手続きが完全であることの証明を与える.更に,比較実験を行い本手続きの有効性について検討する.
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/64575
Appears in Collections:情報科学院・情報科学研究院 (Graduate School of Information Science and Technology / Faculty of Information Science and Technology) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 山本 雅人

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

Feedback - Hokkaido University