HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第75巻 >

グリーンランド氷床北西部沿岸部における表面質量収支の変動

フルテキスト
5_37-44.pdf1.4 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/lowtemsci.75.37

タイトル: グリーンランド氷床北西部沿岸部における表面質量収支の変動
その他のタイトル: Surface mass balance variations in a maritime area of the northwestern Greenland Ice Sheet
著者: 的場, 澄人 著作を一覧する
山口, 悟 著作を一覧する
對馬, あかね 著作を一覧する
青木, 輝夫 著作を一覧する
杉山, 慎 著作を一覧する
キーワード: グリーンランド氷床
表面質量収支
アイスコア
SIGMA
GRENE-北極事業
発行日: 2017年 3月31日
出版者: 低温科学第75巻編集委員会
誌名: 低温科学 = Low Temperature Science
巻: 75
開始ページ: 37
終了ページ: 44
抄録: グリーンランド氷床北西部における数十年間の表面質量収支を明らかにすることを目的に標高 1490 m 地点と1750 m 地点においてそれぞれ19 m と6.5 m 長のアイスコアを採取した.1750 m で 採取されたアイスコアは全層乾雪で構成されていた.一方,1490 m 地点で採取されたアイスコアは, 浅部は表面融解の影響を受けた氷板やザラメ雪層で構成されているのに対し,深部は乾雪で構成され ていた.1490 m 地点の年間の表面質量収支は,融解の影響が大きくなる2001 年以降に減少していた. この地域では,近年降水量の増加が観測されていることから,1490 m 地点では表面融解水の流出が生 じている可能性が示された.
We conducted shallow ice core drillings at two sites (SIGMA-A: 1490 m a.s.l., SIGMA-A2: 1750 m a.s.l.) on the Greenland Ice Sheet to estimate the past surface mass balance for several decades. The ice cores obtained from the site SIGMA-A2 were composed of dry snow layers. In contrast, the shallower parts of the ice cores obtained from the site SIGMA-A were composed of ice layers and wet snow layers influenced by surface melt water, and the deeper parts were composed of dry snow layers. The reconstructed surface mass balance at the site SIGMA-A decreased since 2001 when melt water influence increased. Because the amount of precipitation in this region has increased recently, we suggest that the low surface mass balance since 2001 indicates that run-off of melt water from the ice sheet has occurred.
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/65081
出現コレクション:第75巻

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学