HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第75巻 >

氷河融解水を起源とする高濁度水プルームの数値モデリング

フルテキスト
9_77-84.pdf1.44 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/lowtemsci.75.77

タイトル: 氷河融解水を起源とする高濁度水プルームの数値モデリング
その他のタイトル: Modeling subglacial meltwater plumes and associated sediment transport
著者: 松村, 義正 著作を一覧する
大橋, 良彦 著作を一覧する
青木, 茂 著作を一覧する
杉山, 慎 著作を一覧する
キーワード: 融解水プルーム
懸濁物質輸送
粒子追跡法
非静力学海洋モデル
発行日: 2017年 3月31日
出版者: 低温科学第75巻編集委員会
誌名: 低温科学 = Low Temperature Science
巻: 75
開始ページ: 77
終了ページ: 84
抄録: グリーンランド氷床の表面融解水は,氷河を貫通するムーランを通過して岩盤に到達し,陸上の堆積物を懸濁物質として取り込みながら氷河末端で海洋に流出する.淡水である融解水は海水より軽いため直ちに湧昇し,氷河末端で高濁度の融解水プルームを形成してフィヨルド内の鉛直循環を駆動する.本研究では粒子追跡法を組み込んだ非静力学海洋モデルによる理想化シミュレーションによってこの高濁度水プルームを再現し,特にフィヨルド内の懸濁物質輸送過程について解析した.
The surface meltwater of the Greenland ice sheet is drained through englacial channels called moulins that reach the bedrock, and hence it contains substantial amounts of terrestrial sediments. The meltwater runoff from marineterminating glaciers form an upwelling turbid plume at the glacier front and drives overturning circulation in the fjord. We perform idealized numerical experiments on the turbid meltwater plume and associated sediment transport by using a non-hydrostatic ocean model coupled with a Lagrangian particle tracking system that simulates the dynamics of suspended sediments.
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/65085
出現コレクション:第75巻

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学