HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
国際広報メディア・観光学院,メディア・コミュニケーション研究院  >
雑誌発表論文等  >

日本と中国の遠隔交流が創出する質的価値の探求

フルテキスト
JJACLE15_sugie.pdf647.79 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/65131

タイトル: 日本と中国の遠隔交流が創出する質的価値の探求
著者: 杉江, 聡子 著作を一覧する
キーワード: ICT
遠隔交流
質的データ分析
混合研究法
統合的解釈
発行日: 2017年 3月31日
出版者: 中国語教育学会
誌名: 中国語教育
巻: 15
開始ページ: 105
終了ページ: 123
抄録: 随着信息化与全球化的发展,活用ICT方法的外语教学实践及其教学质量保证的课题逐渐引起关注。但在华语教学研究中,以知识积累型教学为基础,统计测量教学效果的定量研究范式仍占主导。本研究独创设计了中日远程交流混合式学习模型,基于两国学生的自我评估,探讨比较学生对教学成果认识及价值评价的异同。其中,为了明示分析程序和概念解释,引进了质性研究方法SCAT(大谷,2008,2011)。同时,为了便于理解和探讨分析结果,应用混合研究法(Creswell,2015)的手法尝试了对分析结果的可视化。研究结果发现了以下的共通点:(1)基于学生需求设定的交流主题获得了高评价;(2)学生对课外远程交流的兴趣很高;(3)远程交流经历对学生的心智产生积极作用;(4)学生感觉到了利用远程交流的学习模型的积极意义。而不同点在于,日方学生对交流活动本身感到喜悦和满足,而中方学生对灵活运用日语、恰当地表达想法的期待更高。
資料タイプ: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/65131
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 杉江 聡子

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学