HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
国際広報メディア・観光学院,メディア・コミュニケーション研究院  >
雑誌発表論文等  >

国内における宿泊施設型ゲストハウスの実態に関する考察 : 2017 年に実施した質問紙調査を基に

フルテキスト
01Article_Ishikawa.pdf511.23 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/67779
HUSCAP内関連資料

タイトル: 国内における宿泊施設型ゲストハウスの実態に関する考察 : 2017 年に実施した質問紙調査を基に
その他のタイトル: A Study on the Actual Conditions of Guesthouses in Japan : Based on questionnaire survey of 2017
著者: 石川, 美澄 著作を一覧する
キーワード: 宿泊施設型ゲストハウス
宿泊業
個人事業主
個人旅行者
発行日: 2017年12月
出版者: 日本観光研究学会(Japan Institute of Tourism Research)
誌名: 第32回日本観光研究学会全国大会学術論文集 = Proceedings of JITR Annual Conference, 2017
開始ページ: 93
終了ページ: 96
抄録: 本稿の目的は、質問紙調査を通じて、国内におけるゲストハウスの実態を明らかにすることである。本調査は2017年6~8月にかけて行われた。その結果、ゲストハウスは、総じて旅館業法上の簡易宿所営業の許可を有していることや相部屋や交流スペースを設けていることが確認できた。また、一部のゲストハウスでは、相部屋にカプセル型ベッドを配置していることも明らかとなった。今後の課題は、2012 年に実施した同様の調査との比較分析を進めることである。
記述: 研究発表論文
Research papers
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/67779
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 石川 美澄

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学