HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
農学院・農学研究院  >
雑誌発表論文等  >

カラマツ人工林のリターフォール量及び窒素還元量

フルテキスト
contents110009709866.pdf488.7 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/68199

タイトル: カラマツ人工林のリターフォール量及び窒素還元量
著者: 鈴木, 雅博 著作を一覧する
渋谷, 正人 著作を一覧する
斎藤, 秀之 著作を一覧する
高橋, 邦秀 著作を一覧する
発行日: 2003年 2月 1日
出版者: 北方森林学会
誌名: 日本林学会北海道支部論文集
巻: 51
開始ページ: 70
終了ページ: 72
抄録: はじめに:森林にはさまざまな物質の循環系が成立しており,地力の維持や生産性に重要な意味合いを持っている(12)。リターフォールによる林地への物質還元は,林地にとって大きな物質供給源であり,生態系内の物質の重要な経路と考えられている(5)。これまで国内外で広くリターフォールに関する研究が行われており,北海道でも天然林を中心にいくつかの研究が行われてきた(8,9,10)。しかし,北海道に広く植栽され,広大な面積のあるカラマツ(Larix kaempferi Carr.)人工林における物質循環の研究例は少ない。今後の北海道の森林管理を考える上で,カラマツ林の物質循環の研究は重要である。本研究は,カラマツ林における物質循環の特徴を把握するため,リターフォールによる有機物と窒素還元量の把握を目的とし,それらの有機物堆積層への堆積量を測定し,他の林分との比較を行った。
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/68199
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 澁谷 正人

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学