HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
工学研究科  >
雑誌発表論文等  >

大きな変形が発生したトンネルで採取された蛇紋岩の三軸圧縮試験における変形・破壊挙動

フルテキスト
MMIJ2018.1201-10-06.pdf1.55 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/68618

タイトル: 大きな変形が発生したトンネルで採取された蛇紋岩の三軸圧縮試験における変形・破壊挙動
その他のタイトル: Deformation and Failure Behavior of Serpentinite from a Largely Deformed Tunnel under Triaxial compression
著者: 池田, 奈央 著作を一覧する
藤井, 義明 著作を一覧する
尾上, 義将 著作を一覧する
児玉, 淳一 著作を一覧する
福田, 大祐 著作を一覧する
キーワード: 蛇紋岩
三軸圧縮試験
コンプライアンス可変型構成方程式
Serpentinite
Triaxial Compression Test
Variable Compliance Type-Constitutive Equation
発行日: 2018年 3月27日
出版者: 資源・素材学会 = The Mining and Materials Processing Institute of Japan
誌名: 資源・素材学会春季大会講演集(2018)
巻: 5
号: 1
開始ページ: 1201-10-06
抄録: トンネルの施工中に蛇紋岩と遭遇した場合、トンネルに大きな変形が発生し施工が困難となる場合がある。このような変形メカニズムを理解する一助となすため、当該トンネルで採取された蛇紋岩の基礎的な力学物性値の評価、岩石の変形・破壊挙動を表すコンプライアンス可変型構成方程式に用いられるパラメータの導出、コンプライアンス可変型構成方程式による試験結果の再現を目的とした。それらを達成するために、当該トンネルの蛇紋岩を塊状蛇紋岩のみで構成される堅硬部と葉片状蛇紋岩や粘土状蛇紋岩を含む軟弱部の2種類に分類し、軟弱部に対してひずみ速度を一定の軸ひずみごとに入れ替える手法を用いる三軸圧縮試験を行った。試験の結果から、蛇紋岩の力学物性値や、コンプライアンス可変型構成方程式の定数の一つであり、岩石の時間依存性の程度を表すパラメータであるnを導出し、同手法を用いて行った一軸圧縮試験から得られた結果との比較を行った。
記述: 資源・素材学会平成30(2018)年度春季大会、2018年3月27日(火)~29日(木)、東京大学 本郷キャンパス、東京
資料タイプ: proceedings
URI: http://hdl.handle.net/2115/68618
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 藤井 義明

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学