HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

固体酸触媒/水/ブタノール溶媒を反応場とするリグニンの低分子化機構

Files in This Item:
A17.pdf269.68 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/70854

Title: 固体酸触媒/水/ブタノール溶媒を反応場とするリグニンの低分子化機構
Authors: 篠原, 悟志 Browse this author
吉川, 琢也 Browse this author
八木, 太一 Browse this author
梶谷, 智史 Browse this author
中坂, 佑太 Browse this author
多湖, 輝興 Browse this author
増田, 隆夫 Browse this author →KAKEN DB
Keywords: リグニン
低分子化
Issue Date: 2013
Publisher: 石油学会
Journal Title: 石油学会年会・秋季大会講演要旨集
Volume: 2013
Start Page: 55
Publisher DOI: 10.11523/sekiyu.2013f.0.24.0
Abstract: 未利用木質資源であるリグニンは、アルキルフェノールの重縮合体であり、フェノール等の有用化学物質への転換が期待される。当研究室では、可溶化・接触分解プロセスによるリグニンからのフェノール類製造に成功している。本研究では、可溶化におけるリグニン低分子化機構の解明を目的とし、固体酸触媒存在下、水/アルコール溶媒中でリグニンモデル物質の可溶化を実施した。結果、可溶化によりリグニン中の約60 %の結合を分解できることが推察された。
Description: 第62回研究発表会 セッションID: A17
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/70854
Appears in Collections:工学院・工学研究院 (Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 増田 隆夫

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University