HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第68巻第1号 >

フランスにおける監査報告書の展開

Files in This Item:
03ES_68(1)_005.pdf569.45 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/71008

Title: フランスにおける監査報告書の展開
Other Titles: Development of audit report in France
Authors: 蟹江, 章1 Browse this author
Authors(alt): Kanie, Akira1
Keywords: 監査報告書
監査期待ギャップ
評価についての説明
監査上の重要点
KAM
Issue Date: 14-Jun-2018
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究院
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 68
Issue: 1
Start Page: 5
End Page: 23
Abstract: フランスにおける会計監査役の監査報告書は,商事会社法や商法典の規定にしたがって作成され,これによって計算書類の監査証明が行われてきた。そこにはフランスに固有の事情を背景とした独自性が見られた。例えば,2003年には,監査期待ギャップの縮減を目指して「評価についての説明」という,いわゆるKAM(監査上の主要な検討事項)と同様の効果を狙った事項の監査報告書への記載実務が世界に先駆けて導入された。一方,2017年以降は,いわゆる短文式を維持しながらも,必要に応じて最大9区分からなる監査報告書が作成されることになった。そこに含まれる「評価についての説明」区分には,決定方法と内容を国際監査基準(ISA701)の規定に合わせたフランス版KAM(Points Clés de l’Audit)が記載されることとなり,フランスの会計監査役の監査報告書は一気にグローバル水準の様式と内容を備えることになった。しかし,フランスでは,過去の監査報告書の改革に対して批判的な厳しい評価がなされてきた。監査プロセスの透明化を標榜するグローバルな監査報告書様式の改革に追従したフランスの新しい監査報告書に対して,どのような評価が下されるかが注目されるところである。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/71008
Appears in Collections:第68巻第1号

Submitter: 蟹江 章

 

Feedback - Hokkaido University