HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
教育学院・教育学研究院  >
北海道大学大学院教育学研究院紀要 = Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University >
第133号 >

先輩教員は初任期の教員をどのようなまなざしで見つめているのか : 計量テキスト分析により探索する

フルテキスト
50-1882-1669-133.pdf1.59 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/b.edu.133.69

タイトル: 先輩教員は初任期の教員をどのようなまなざしで見つめているのか : 計量テキスト分析により探索する
その他のタイトル: What the senior teacher expects from a novice teacher : Search by quantitative text analysis
著者: 山口, 晴敬 著作を一覧する
キーワード: 高校教員
初任期の教員
同僚
先輩教員
計量テキスト分析
high school teachers
novice teacher
senior teacher
colleagues
quantitative text analysis
発行日: 2018年12月25日
出版者: 北海道大学大学院教育学研究院
誌名: 北海道大学大学院教育学研究院紀要
巻: 133
開始ページ: 69
終了ページ: 89
抄録: 本研究の目的は,高等学校における先輩教員と初任期の教員の同僚関係について,先輩 教員の初任期の教員へのまなざしに着目し検討することである。学校現場に初めて赴任した初任期 の教員を支える役割を担っている先輩教員は,どのようなまなざしで初任期の教員を見つめて いるのかを探索するため,質問紙調査を実施した。分析に当たっては多重回答結果と,自由記 述回答において計量テキスト分析を用いた。  先輩教員の初任期の教員に対するまなざしは,初任期の教員の「姿勢や行動」に関わること を表したものと,「同僚性」「教職のイロハ」など,「いまここにある」教職遂行に関わることを 表したもの二つに大分された。  すなわち,先輩教員は初任期の教員を,「個人」に着眼点を置いた「姿勢や行動へのまなざし」 と「同僚」に着眼点を置いた「いまここにある教職遂行へのまなざし」で見つめ評価していた。  「いまここにある教務遂行に関わることへのまなざし」は,初任期の教員を否定することと なったが,「姿勢や行動へのまなざし」は,初任期の教員を肯定的に評価するばかりでなく,先輩 教員自らの内省を促す作用も期待できた。また,初任期の教員への期待は,教務遂行に関わる ことばかりではなく,姿勢や行動の両方を含むこととなった。  職場の「同僚」としての初任期の教員へのまなざしは,「いまここにある職務遂行に関わるこ と」のまなざしとなり,初任期の教員を否定的に見つめるということで,同僚関係にはプラス の作用を生まないことが明らかとなった。
The purpose of this research is to focus on the teacher's point of view for beginner teachers, and to examine the relationships with beginner teachers and colleagues. The teacher's teachers who played the role of teacher support for beginners conducted a questionnaire survey and examined whether the teacher is watching. Analysis used weighing text analysis according to free description. Senior teachers saw novice teacher in two viewpoints. One is to look at“ attitude and behavior” and the second is to involve“ to be here” such as“ colleague”“ Iraha of teaching work” and so on. In other words, the senior teacher looked at and evaluated the novice teacher, from the perspective of“ individual” and“ colleague”. Looking at‘ individuals’ as lecturers of the novice teacher reflections, and the viewpoint of‘ colleagues’ was to deny the novice teacher as a result. Also, expectations for novice teacher included both“ colleagues” and“ individuals”. Senior teachers neglected a faculty member who was a“ colleague” for the novice teacher, with a view on“ working here” that is“ here right now”. It has no positive effect on colleague relations.
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/72322
出現コレクション:第133号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学