HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北海道大学演習林試験年報 >
第4号 >

三度森林保全について

Files in This Item:
1985_1-2.pdf129.63 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/72573

Title: 三度森林保全について
Authors: 藤原, 滉一郎 Browse this author
Issue Date: Mar-1987
Publisher: 北海道大学演習林
Journal Title: 北海道大学演習林試験年報
Volume: 4
Start Page: 4
End Page: 5
Abstract: 1986年は、奥谷技官はじめ多くの人の協力をうけて、冬期の融雪水量を測定するため、札幌実験苗畑に簡易ラインメーター、簾舞試験地に流屋観測装置を作成した。本来ならば、この報告に、これらの目的や装置の概要、研究計画などを記すべきところてあるが、もう一度“森林保全”について書くことにした。 試験年報前号及ひ前々号に、北大演習林の当面する課題に対応する一つの行き方として、森林保全技術の確立ということがありうるということを述べた。この考えは今も変らない。しかし、課題は大きく能力を越え、今回も断片的なことを並べるだけてある。本意は、せめて北大演習林では、林学外の分野から攻められる前に、さまざまな条件を検討し、考え方を確立しておきたいということである。この意見も、部内の批判的な討論によって、間違いとなればあきらめるし、生かす価値があれば今後も課題としてとりくみ、つぎの段階にすすむことになる。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/72573
Appears in Collections:北海道大学演習林試験年報 > 第4号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University