HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北海道大学演習林試験年報 >
第6号 >

山取苗木の利用に関する近年の動向

Files in This Item:
1987_1-5.pdf88.42 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/72817

Title: 山取苗木の利用に関する近年の動向
Authors: 夏目, 俊二 Browse this author
門松, 昌彦 Browse this author
滝川, 貞夫 Browse this author
Issue Date: Feb-1989
Publisher: 北海道大学演習林
Journal Title: 北海道大学演習林試験年報
Volume: 6
Start Page: 10
End Page: 11
Abstract: 大型機械を用した地ごしらえは、北海道森林施業における育林技術の要として、事業的に定着した感がある。この「ブル地こしらえ」は、現在も様々な問題点を抱えているが、今後その対象がいわゆる高海抜の更新困難地へと拡大してしくことは十分予想されるところである。 現在、各地方演習林では山苗利用に関する研究を進めているが、こうした状況を考えても今後さらにその内容を充実させていく必要があろう。 そこで今回は、山苗植栽の意義と利用状況について簡単にまとめてみた。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/72817
Appears in Collections:北海道大学演習林試験年報 > 第6号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University