HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北海道大学演習林試験年報 >
第6号 >

国有林における天然林施業の展開の概要と今後の研究の方向性について

Files in This Item:
1987_1-1.pdf134.8 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/72821

Title: 国有林における天然林施業の展開の概要と今後の研究の方向性について
Authors: 植木, 達人 Browse this author
Issue Date: Feb-1989
Publisher: 北海道大学演習林
Journal Title: 北海道大学演習林試験年報
Volume: 6
Start Page: 2
End Page: 3
Abstract: ここでの国有林の天然林施業の歴史的展開は、北見営林支局管内の留辺蘂事業区について話を進めることにするが、紙幅の制約により、戦後の天然林施業のほんの概略にとどまらざるを得ない。どうかご了承願いたい。なお当事業区を含む留辺蘂町は、古くから林業が町の中心的基幹産業として発展してきた経緯があり、現在においても木材関連産業が全事業所の65%、それに携わる従業者も全労働人口の75%を占め、道内でも有数の林業地として知られている地域である。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/72821
Appears in Collections:北海道大学演習林試験年報 > 第6号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

Feedback - Hokkaido University