HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北海道大学演習林試験年報 >
第7号 >

山火跡風衝地の造林試験について

Files in This Item:
1988_2A-2.pdf299.79 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/72835

Title: 山火跡風衝地の造林試験について
Authors: 水野, 久男 Browse this author
滝川, 貞夫 Browse this author
Issue Date: Feb-1990
Publisher: 北海道大学演習林
Journal Title: 北海道大学演習林試験年報
Volume: 7
Start Page: 31
End Page: 36
Abstract: 天塩地方演習林では、昭和47年頃から今日まで、ササ地等の未立木地に対し、D5レーキドーザを用いて年間約5~6haの地拵えを実施している。この作業によって、天然更新によるカンバ林の成立や、針葉樹・広葉樹の植栽・播種等による更新技術の確立が進みつつある。しかし一方では、広大な山火跡地を抱え、しかも風衝地のような厳しい自然条件下での樹木の更新・育成には多くの課題を残している。そこでここでは、山火跡地の風衝地における過去4年間の造林地の更新・成長の成績を調査・検討したので報告する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/72835
Appears in Collections:北海道大学演習林試験年報 > 第7号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

Feedback - Hokkaido University