HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests >
第32号 >

中川研究林におけるアライグマの生息状況調査

Files in This Item:
2013-32_1-2.pdf984.14 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73042

Title: 中川研究林におけるアライグマの生息状況調査
Other Titles: Habitat survey of raccoons (Procyon lotor) in Nakagawa Experimental Forest
Authors: 浪花, 彰彦1 Browse this author
Authors(alt): Naniwa, Akihiko1
Issue Date: 23-Mar-2015
Publisher: 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
Journal Title: 北方森林保全技術
Journal Title(alt): Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests
Volume: 第32号
Start Page: 12
End Page: 14
Abstract: 我が国では、外来種であるアライグマが野生化し、農業等被害の増大や生態系への影響、人に対する衛生被害等が懸念されている。北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション中川研究林(以下、「中川研究林」と略す)の周辺町村においても、近年アライグマによる農業等被害額、自治体による捕獲数ともに増加しており、この地域でのアライグマの増加が懸念されている。しかしながら、アライグマの分布拡大を示す客観的なデータであるアライグマによる農業等被害額と自治体によるアライグマ捕獲数の情報は、主に農村部周辺のみで収集されており、人口密度の少ない森林部におけるアライグマの生息状況を把握するための情報はこれまで収集されてこなかった。中川研究林においても、近年アライグマの目撃情報等が増加しているが、研究林内でアライグマがどのように分布しているかという情報はこれまで得られていなかった。そこで、中川研究林におけるアライグマの生息状況調査を行った。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/73042
Appears in Collections:北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests > 第32号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

Feedback - Hokkaido University