HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests >
第27号 >

中川研究林における猛禽類の長期モニタリング

Files in This Item:
2008-27_1-2.pdf2.77 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73077

Title: 中川研究林における猛禽類の長期モニタリング
Other Titles: The long-term monitoring of Raptores in Nakagawa Experimental Forest
Authors: 奥田, 篤志1 Browse this author
斉藤, 満2 Browse this author
Authors(alt): Okuda, Atsushi1
Saitoh, Mitsuru2
Issue Date: 30-Nov-2009
Publisher: 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
Journal Title: 北方森林保全技術
Journal Title(alt): Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests
Volume: 第27号
Start Page: 6
End Page: 9
Abstract: 中川研究林では、オジロワシをはじめとする希少猛禽類の長期モニタリングを1997年からおこなっている。研究林内でオジロワシの繁殖が確認されたところに、JR宗谷本線への落石防止工事および国道40号線音威子府バイパスの建設が具体化したことが、猛禽類のモニタリングのきっかけとなった。当時、内陸の河川環境におけるオジロワシの繁殖地は知られていなかった。中川研究林では鳥類レッドリスト(環境省、2006)にリストアップされたタカ目14種のうち8種が記録されているが、モニタリングの対象にしているのはオジロワシ、クマタカ、ミサゴの3種である。落石防止工事は、環境アセスメントの必要は無い事業規模であり、工事自体は研究林敷地外でおこなわれる。しかし、オジロワシの営巣に対して影響が危惧されたため、上川支庁と協議を行い、生息状況を確認しながら工事がおこなわれ、研究林と上川支庁との間で情報共有を図り事業が進められている。音威子府バイパスの工事は2007年に着工し、2009年からトンネル工事が本格的に開始されることから、モニタリングの必要性が増すと思われる。モニタリングを開始して10数年が経過し、中川研究林における希少猛禽類の生息状況が明らかになりつつあり、2008年にはじめてオジロワシの孵化から巣立ちまでの期間をビデオ撮影できた。そこで、これまで中川研究林でおこなってきた猛禽類のモニタリングについて報告する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/73077
Appears in Collections:北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests > 第27号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

Feedback - Hokkaido University