HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests >
第26号 >

琴平川におけるシロサケ放流事業について

Files in This Item:
2007-26_1-2.pdf7.16 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73084

Title: 琴平川におけるシロサケ放流事業について
Other Titles: Introduction of chum salmon into Kotohira Creek, a tributary of Teshio River
Authors: 守田, 英明1 Browse this author
金子, 潔2 Browse this author
佐藤, 剛史3 Browse this author
照井, 勝己4 Browse this author
佐藤, 冬樹5 Browse this author →KAKEN DB
高畠, 守6 Browse this author
小宮, 圭示7 Browse this author
遠藤, 郁子8 Browse this author
Authors(alt): Morita, Hideaki1
Kaneko, Kiyoshi2
Satoh, Tsuyoshi3
Terui, Katsumi4
Satoh, Fuyuki5
Takahata, Mamoru6
Komiya, Keiji7
Endo, Ikuko8
Issue Date: 14-Nov-2008
Publisher: 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
Journal Title: 北方森林保全技術
Journal Title(alt): Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests
Volume: 第26号
Start Page: 8
End Page: 15
Abstract: 中川町琴平地区にある中川研究林内第103林班を源とする琴平川は、以前にはサケが遡上していたが、近年河川内に工作物設置が行われ、遡上ができない状態となっていた。この琴平川において、サケ稚魚を放流し、同時に河川内工作物を改変し、回帰させる試みが、水圏ステーション、森林圏ステーション、独立行政法人 水産総合センターさけますセンターの共同研究として2005年度から実施されることとなった。サケの放流および回帰調査に関しては、美深町にある独立行政法人 水産総合センターさけますセンター天塩事業所(さけますセンター天塩事業所)の指導を仰ぎながら、北管理部および中川研究林職員で実施してきたので、その様子および3年間の調査結果について報告する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/73084
Appears in Collections:北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests > 第26号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University