HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests >
第24号 >

天塩研究林におけるバイオマス調査について

Files in This Item:
2005-24_1-1.pdf675.95 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73120

Title: 天塩研究林におけるバイオマス調査について
Other Titles: Biomass estimation of the mixed conifer-broadleaf forests in Teshio Experimental Forest of Hokkaido University
Authors: 小塚, 力1 Browse this author
野村, 睦2 Browse this author
高木, 健太郎3 Browse this author
上浦, 達哉4 Browse this author
北條, 元5 Browse this author
高橋, 廣行6 Browse this author
坂井, 励7 Browse this author
林業技能補佐員8 Browse this author
Authors(alt): Kozuka, Chikara1
Nomura, Mutsumi2
Takagi, Kentaro3
Kamiura, Tatsuya4
Hojyo, Hajime5
Takahashi, Hiroyuki6
Sakai, Rei7
Forestry Technical Staff8
Issue Date: 30-Nov-2006
Publisher: 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
Journal Title: 北方森林保全技術
Journal Title(alt): Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests
Volume: 第24号
Start Page: 1
End Page: 11
Abstract: 天塩研究林は2001年から(独)国立環境研究所、ならびに(株)北海道電力と共同で「カラマツ林の炭素循環機能に関する観測研究」を行っている。このプロジェクト研究の目的は、カラマツ若齢林の育林過程における炭素循環機能を集水域レベルで評価することにある。これに関連して1)針広混交林の炭素蓄積量評価、2)更新方法が炭素固定機能に与える影響評価、3)流域スケールの水・物質循環、4)リモートセンシングによる広域炭素収支の評価などといったサブプロジェクトも同時に立ち上げており、カラマツに限らず森林流域の物質循環過程を総合的に解明する事をも視野においている。このサブプロジェクトの一つである針広混交林の炭素蓄積量評価については、過去に本誌でその調査状況等を報告してきた。今回、それらの調査結果がまとまったので、本稿では2005年に行った調査結果と合わせて報告する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/73120
Appears in Collections:北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests > 第24号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University