HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests >
第23号 >

環境改変に伴う魚類群集の動態解明

Files in This Item:
2004-23_1-2.pdf403.77 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73127

Title: 環境改変に伴う魚類群集の動態解明
Other Titles: Dynamics of fish community under a changing environment
Authors: 金子, 潔1 Browse this author
守田, 英明2 Browse this author
杉山, 弘3 Browse this author
浪花, 愛子4 Browse this author
山ノ内, 誠5 Browse this author
水野, 久男6 Browse this author
鈴木, 健一7 Browse this author
池上, 佳志8 Browse this author
Authors(alt): Kaneko, Kiyoshi1
Morita, Hideaki2
Sugiyama, Hiroshi3
Naniwa, Aiko4
Yamanouchi, Makoto5
Mizuno, Hisao6
Suzuki, Kenichi7
Ikegami, Yoshiyuki8
Issue Date: 11-Nov-2005
Publisher: 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
Journal Title: 北方森林保全技術
Journal Title(alt): Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests
Volume: 第23号
Start Page: 5
End Page: 8
Abstract: 中川研究林の林地を対象として、北海道開発局によって一般国道40号音威子府バイパスの建設が計画されている。このバイパスが建設された場合、自然環境に対してさまざまな影響がもたらされることが予測される。そこで、中川研究林では北海道開発局が実施している環境アセスメントとは別に、大課題「北方森林の長期動態のメカニズムの解明」のもとで、人間活動が森林に与える影響を長期的に明らかにすることを目的として自然環境調査を実施している。道路建設予定地周辺の河川においては、水環境、物理環境などさまざまな地表改変が想定される。本調査は道路建設による、魚類の種類組成および群集構造の変化を明らかにすることを目的とする。そのため、魚類と昆虫類の動態を工事前、工事中及び工事後にわたって、長期的に調査する計画となっている。このうち本稿では1999年から2004年までの魚類の個体数変動を取り上げる。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/73127
Appears in Collections:北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests > 第23号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University