HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests >
第20号 >

クマイザサが優先する林地での北海道和種馬放牧試験

Files in This Item:
2001-20_1-4.pdf692.67 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73295

Title: クマイザサが優先する林地での北海道和種馬放牧試験
Other Titles: Pasturage experiment for Japanese horse indigenous to Hokkaido in relation to a forest dominated by dwarf bamboo (Sasa senanensis)
Authors: 鷹西, 俊和1 Browse this author
秦, 寛2 Browse this author →KAKEN DB
佐藤, 冬樹3 Browse this author →KAKEN DB
吉田, 俊也4 Browse this author →KAKEN DB
竹田, 哲二5 Browse this author
上浦, 達哉6 Browse this author
阿部, 一宏7 Browse this author
中嶋, 潤子8 Browse this author
大森, 正明9 Browse this author
森田, 俊雄10 Browse this author
高橋, 廣行11 Browse this author
Authors(alt): Takanishi, Toshikazu1
Hata, Hiroshi2
Satoh, Fuyuki3
Yoshida, Toshiya4
Takeda, Tetsuji5
Kamiura, Tatsuya6
Abe, Kazuhiro7
Nakajima, Jyunko8
Omori, Masaaki9
Morita, Toshio10
Takahashi, Hiroyuki11
Issue Date: 29-Nov-2002
Publisher: 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
Journal Title: 北方森林保全技術
Journal Title(alt): Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests
Volume: 第20号
Start Page: 18
End Page: 21
Abstract: 北海道の森林面積の約70%に相当する400万haの林床がササで覆われている。積雪地に広く分布しているチシマザサやクマイザサは、しばしば高さ2m以上にも達し、造林更新施業上の障害となっている。一方、日高地方など太平洋岸の少雪地域では、ミヤコザサが馬の飼料として利用されてきた。しかし、ササのこのような活用事例はミヤコザサが分布しない道北地方ではみられない。道北地方の森林における豊富なササ資源を有効活用することは、人手のかからない更新補助施業と、馬の飼料コストの削減との双方に役立つ可能性がある。そこで、雨龍研究林と研究牧場との共同研究としてクマイザサが優先する林地への林間放牧試験を1999年度から開始した。2ヵ年の小規模な予備試験を経て、2001年度に行われた長期間・大面積の放牧試験の概要を報告する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/73295
Appears in Collections:北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests > 第20号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University