HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests >
第20号 >

森林圏ステーションサーバーコンピュータ「PC3」の利活用について

Files in This Item:
2001-20_1-1.pdf302.22 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73298

Title: 森林圏ステーションサーバーコンピュータ「PC3」の利活用について
Other Titles: High utilization of server computer "PC3" of the Forest Station
Authors: 小宮, 圭示1 Browse this author
Authors(alt): Komiya, Keiji1
Issue Date: 29-Nov-2002
Publisher: 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
Journal Title: 北方森林保全技術
Journal Title(alt): Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests
Volume: 第20号
Start Page: 1
End Page: 3
Abstract: 森林圏ステーションでは、様々な蓄積データのデータベース化を図るため、1990年に森林情報委員会を中心として全演習林で「森林情報システム仕様書」作りを開始し、1991年には第三次案まで作成された。また、1999年度には、調査・観測データを利用しやすいようにデータベース化が試みられている。そこで、これらの取り組みを基礎に、さらにデータベース化を推し進めるために、2000年度にサーバーコンピュータを導入した。これを北管理部技術室(名寄)へ設置し運用することとなった。その利活用の方法について、本誌第19号で「インターネット公開・利用型の森林情報データベースの開発」で報告されている。現在、本サーバーではWWWとFTPのサービスを実行している。WWWサービスとは、World Wide Webの略で、世界各地のサーバーにある情報をどこからでも得ることができるというものである。今回はこのデータベースのその後の状況を含めサーバーコンピュータ「PC3」の利活用について報告する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/73298
Appears in Collections:北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests > 第20号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University