HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

4半期制講義と演習の組合せによる学部教育の活性化

Files in This Item:
Jpn. Soc. Eng. Edu. 2-235.pdf321 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/74819

Title: 4半期制講義と演習の組合せによる学部教育の活性化
Other Titles: Activation of faculty education by combination of quarter system and practice
Authors: 鈴木, 亮輔1 Browse this author →KAKEN DB
大塚, 俊明2 Browse this author
米澤, 徹3 Browse this author
林, 重成4 Browse this author
大野, 宗一5 Browse this author
上田, 幹人6 Browse this author
Authors(alt): Suzuki, R.O.1
Ohtsuka, Toshiaki2
Yonezawa, Tetsu3
Hayashi, Shigenari4
Ohno, Munekazu5
Ueda, Mikito6
Keywords: Quarter System
Concentrated Class Work
Evaluation of Educational System
クォーター制
集中講義
教育制度の評価
Issue Date: 22-Aug-2011
Publisher: 日本工学教育協会
Journal Title: 工学教育研究講演会講演論文集
Volume: 59
Start Page: 526
End Page: 527
Abstract: 北海道大学は建学時より歴史的にアメリカの大学教育の影響が比較的強いが、そのなかで、北海道大学工学部応用理工系学科の3つのコースのひとつである応用マテリアル工学コースでは、アメリカの教育制度で特徴的である(4半期制)を学部教育で採用し活性化を図っている。著者らはこのコース教育にあたって週1回の講義を半期続ける代わりに、教員2名で行う演習を組み込んで、「90分講義・演習を週3回、連続8週にわたって行う」制度をつくり、これをクォーター制と称して特色ある教育を行っている。工学部当局設定の時間割の一部を独自に組み替えて実践してきた。クォーター制実施後5年程度経過した時期に「クォーター制は見直してはどうか?」との意見が教員から出たことから、在校生と教員は勿論、卒業生にアンケートを採り集約した。以下はその結果である。なお、卒業生には約130通送付したが有効回答は僅か6通しかなく返事が無く、あまり参考に出来ない。
Description: 工学教育研究講演会第59回年次大会(平成23年度). 平成23年9月8日~平成23年9月10日. 北海道大学大学院工学研究院、北海道. セッションID: 2-325
Conference Name: 工学教育研究講演会年次大会
Conference Sequence: 59
Conference Place: 札幌
Type: proceedings
URI: http://hdl.handle.net/2115/74819
Appears in Collections:工学院・工学研究院 (Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 鈴木 亮輔

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University