HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

低温溶融塩・室温イオン液体を用いるAlおよびAl合金電析

Files in This Item:
60_491.pdf1.11 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/74940

Title: 低温溶融塩・室温イオン液体を用いるAlおよびAl合金電析
Other Titles: Aluminum and aluminum alloy electrodepositon in low-temperature molten salts and room-temperature ionic liquids
Authors: 上田, 幹人1 Browse this author →KAKEN DB
宇井, 幸一2 Browse this author
Authors(alt): Ueda, Mikito1
Ui, Koichi2
Keywords: Aluminum
Electrodeposion
Low-Temperature Molten Salts
Room-Temperature Ionic Liquids
Issue Date: 1-Aug-2009
Publisher: 表面技術協会
Journal Title: 表面技術
Journal Title(alt): Journal of The Surface Finishing Society of Japan
Volume: 60
Issue: 8
Start Page: 491
End Page: 496
Publisher DOI: 10.4139/sfj.60.491
Abstract: 軽金属に分類されるAlは、耐食性、熱伝導性、および電気伝導性に優れるので、構造材から電子部品に至るまで、幅広い分野に用いられている。しかし、Alは卑な金属(標準電極電位 -1.676V vs. SHE)であるため、水溶液系からの電析は不可能なので、有機溶媒系または溶融塩系からの電析が研究されている。また、溶融塩の研究において、Alの電析反応が関与するものの報告は非常に多い。30年前であれば高温溶融塩を用いてのAl電解構造に関するものであったが、最近では、固体で析出させるAl電析に関わるものや、他の成分との共析反応によるAl合金電析に関する報告も数多くある。電解液についても、従来からの浴温150℃前後で取り扱うことのできる無機溶融塩の他に、有機物を含む室温イオン液体と呼ばれる室温域で液体を形成する室温型溶融塩(常温型溶融塩)も多く用いらている。ここでは、Al電析およびAl合金電析について、電解液の種類に大別して、それらの報告を解説する。
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/74940
Appears in Collections:工学院・工学研究院 (Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 上田 幹人

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University