HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

統計にみる金属間化合物材料研究の変遷と今後の新展開

Files in This Item:
materia 46(4) 278.pdf5.14 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/75153

Title: 統計にみる金属間化合物材料研究の変遷と今後の新展開
Other Titles: Past and future of research activity for intermetallic compounds : Overview based on complied statistics
Authors: 三島, 良直1 Browse this author
乾, 晴行2 Browse this author
竹山, 雅夫3 Browse this author
高梨, 弘毅4 Browse this author
中谷, 亮一5 Browse this author
三浦, 誠司6 Browse this author →KAKEN DB
吉見, 享祐7 Browse this author
細田, 秀樹8 Browse this author
中野, 貴由9 Browse this author
木村, 好里10 Browse this author
安田, 弘行11 Browse this author
波多, 聰12 Browse this author
Authors(alt): Mishima, Yoshinao1
Inui, Haruyuki2
Takeyama, Masao3
Takanashi, Kouki4
Nakatani, Ryoichi5
Miura, Seiji6
Yoshimi, Kyousuke7
Hosoda, Hideki8
Nakano, Takayoshi9
Kimura, Yoshisato10
Yasuda, Hiroyuki11
Hata, Satoshi12
Keywords: intermetallics compounds
structural material
Ni-Al
Ti-Al
Fe-Al
ordered alloy
lattice defect
control of lattice defect quality
Annual Meeting of the Japan Institute of Metals
Materials Research Society (MRS)
statistical method
Issue Date: 1-Apr-2007
Publisher: 日本金属学会
Journal Title: まてりあ
Journal Title(alt): Materia Japan
Volume: 46
Issue: 4
Start Page: 278
End Page: 283
Publisher DOI: 10.2320/materia.46.278
Abstract:  金属間化合物材料研究は今や第3世代ともいうべき新たな段階へと突入しようとしている。第1世代は、1980年代のNi-Al系化合物材料研究の時代であり、金属間化合物の構造用材料としての可能性・有用性を明確にした。この流れは1980年代後半からのTi-Al系を中心とした第2世代へと引き継がれ、化合物のみからなる実用材料の開発へとつながった。そして第3世代では、複雑構造系を含むその他の金属間化合物や化合物を含む新たな複相合金、さらには機能性金属間化合物へと研究対象が拡大し、近い将来で実用化の可能性が高い化合物種も見出され始めている。同時に格子欠陥の質的制御を中心とするナノオーダーでの構造・欠陥制御、さらには、「金属間化合物学」ともいうべき学理の構築に向かった方向性も見え始めている。こうした金属間化合物研究の変遷や新しい展開は、国内では、日本金属学会の金属間化合物材料セッションを中心とした講演発表(2回/年)、さらに国際的には、MRS(Materials Research Society)で1984年にスタートした「High-Temperature Ordered Intermetallics Alloys」シリーズでの講演大会(1回/2年)に明瞭に現れている。本稿では、金属間化合物研究のこれまでの流れとこれからの新たな研究展開について、1984年から2006年までの統計データに基づき解説する。
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/75153
Appears in Collections:工学院・工学研究院 (Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 三浦 誠司

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University