HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests >
第37号 >

生産環境変化が樹林地の動態に与える広域影響評価 : 開放系CO2とO3の付加実験施設での成果から

Files in This Item:
01-4.pdf984.74 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/76337

Title: 生産環境変化が樹林地の動態に与える広域影響評価 : 開放系CO2とO3の付加実験施設での成果から
Authors: 小池, 孝良 Browse this author →KAKEN DB
江口, 則和 Browse this author →KAKEN DB
渡部, 敏裕 Browse this author →KAKEN DB
市川, 一 Browse this author
藤戸, 永志 Browse this author
曲, 来葉 Browse this author
渡辺, 誠 Browse this author
渡邊, 陽子 Browse this author →KAKEN DB
アガトクレオス, エフゲニオス Browse this author
石, 聡 Browse this author
北尾, 光俊 Browse this author
高木, 健太郎 Browse this author →KAKEN DB
日浦, 勉 Browse this author →KAKEN DB
里村, 多賀美 Browse this author
半, 智史 Browse this author
船田, 良 Browse this author
山﨑, 友紀 Browse this author
佐藤, 冬樹 Browse this author →KAKEN DB
Issue Date: Dec-2019
Publisher: 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
Journal Title: 北方森林保全技術
Journal Title(alt): Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests
Volume: 37
Start Page: 18
End Page: 26
Abstract: 森林資源管理において基本になるのは、森林樹木の光合成に基礎をおく持続的生産である、と著者(小池)は信じている。樹木が成長し林冠の構成要素に成るまでには、少なくても40年近くが必要となる。この間、樹木は、変動し続ける無機生産環境(二酸化炭素:CO2、オゾン:O3、窒素、気温:高温・低温、土壌養分・孔隙など)を利用して光合成を行い、バイオマス生産を行う。草本と異なり、成長を長期間にわたって行うため、樹木は植物の環境適応を考える上で、興味深い材料でもある。 樹木の研究は、どのようにして広域にわたる環境への影響評価を行うか、が、応用を考える上で重要である。本稿では、メタ解析の成果を(Terrer et al. 2019)、2つ目には、フラックス研究と組み合わせたスケール・アップ研究(Kitao et al. 2016b)を紹介する。なお、最近は、UAV(通称ドローン)と蛍光反応を組み合わせたスケール・アップ研究が進んできた。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/76337
Appears in Collections:北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests > 第37号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

Feedback - Hokkaido University