HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

9Cr-ODSフェライト鋼における超微細粒形成

Files in This Item:
Materia 47(12) 627.pdf989.47 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/76411

Title: 9Cr-ODSフェライト鋼における超微細粒形成
Other Titles: Ultra-fine Grain Formation in 9Cr-ODS Ferritic Steel
Authors: 近田, 伸芳1 Browse this author
鵜飼, 重治2 Browse this author →KAKEN DB
林, 重成3 Browse this author →KAKEN DB
大貫, 惣明4 Browse this author
大塚, 智史5 Browse this author
皆藤, 威二6 Browse this author
Authors(alt): Chikata, Nobuyoshi1
Ukai, Shigeharu2
Hayashi, Shigenari3
Ohnuki, Sohmei4
Ohtsuka, Satoshi5
Kaitoh, Takeji6
Keywords: residual ferrite
oxide dispersion strengthning (ODS)
ultra-fine grain
Issue Date: 1-Dec-2008
Publisher: 日本金属学会
Journal Title: まてりあ
Journal Title(alt): Materia Japan
Volume: 47
Issue: 12
Start Page: 627
End Page: 627
Publisher DOI: 10.2320/materia.47.627
Abstract: 高速増殖炉用燃料被覆管材料として9Cr-ODSフェライト鋼が開発されている。製造された9Cr-ODSフェライト鋼は焼き戻してマルテンサイト相と特有の「残留α相」から成る複相組織である。この残留α相は、熱間押出しによる固化成形段階でα/γ異相界面が酸化物粒子によりピン止めされ、α相からγ相への逆変態が生じずα相のままm残留した組織である。硬さ測定から、残留α相は焼き戻しに伴う軟化量が小さく、高い硬さ値を維持していることが分かっている。残留α相の硬さを降伏応力(室温)に換算すると、700℃x1万時間相当の焼き戻し後において1,340MPaと極めて高い。そこで、このような高強度発現機構を調べるため、TEM観察を行った。
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/76411
Appears in Collections:工学院・工学研究院 (Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 鵜飼 重治

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University