HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Education / Faculty of Education >
教育福祉研究 = Journal of Education and Social Work >
第24号 >

幼児を育てる親の育児時間増加に関する考察

Files in This Item:
040-0919-6226-24.pdf817.51 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/76887

Title: 幼児を育てる親の育児時間増加に関する考察
Other Titles: Why has parenting time increased among parents with young children?
Authors: 鈴木, 佳代1 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Suzuki, Kayo1
Issue Date: 27-Feb-2020
Publisher: 北海道大学大学院教育学研究院教育福祉論研究グループ
Journal Title: 教育福祉研究
Journal Title(alt): Journal of education and social work
Volume: 24
Start Page: 39
End Page: 50
Abstract: 本稿ではまず、1990年代後半からの約20年間に起こった人口的・社会的・経済的な変化について述べる。次に、5年毎に実施される社会生活基本調査において、6歳未満の幼児を育てる夫婦の育児時間が過去20年で増加してきた点に注目し、子育てをとりまく環境の中で何が起こっているのかを分析し、考察する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/76887
Appears in Collections:教育福祉研究 = Journal of Education and Social Work > 第24号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University