HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
The Hokkaido University Museum >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

北海道十勝地方浦幌町でのウズラの確認記録

Files in This Item:
Bull. of the Historical Museum of Urahoro_20_35-37.pdf1.56 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/77484

Title: 北海道十勝地方浦幌町でのウズラの確認記録
Authors: 持田, 誠1 Browse this author
百瀬, 邦和2 Browse this author
Authors(alt): Mochida, Makoto1
Momose, Kunikazu2
Issue Date: Mar-2020
Publisher: 浦幌町立博物館
Journal Title: 浦幌町立博物館紀要
Journal Title(alt): Bulletin of the Historical Museum of Urahoro
Volume: 20
Start Page: 35
End Page: 37
Abstract: ウズラ Coturnix japonica はキジ科ウズラ属に分類される小型の草原性鳥類である。もともと伝統的な狩猟鳥だったが、明治中期から家禽としての飼養「養鶉」がはじまり、一般には鶏卵と並んで食用卵として広く知られている(奥山 2005)。しかし、野生のウズラは、全国的には1960年代から狩猟シーズンの捕獲羽数が減少傾向にあり、特に1980年代に激減した(木村 1991)。一方、北海道での最多捕獲年代は1960年代と、本州以南よりも遅かったが、やはり以後同じような減少傾向にあるとされる(奥山 2004)。筆者のうち百瀬は、2019年夏に、浦幌町の静内川沿いでウズラに遭遇した。浦幌での確認事例は近年きわめて少ないので、記録として報告する。
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/77484
Appears in Collections:総合博物館 (The Hokkaido University Museum) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 持田 誠

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University