HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Societies >
北海道歯学雑誌 = Hokkaido Journal of Dental Science >
第40巻 第2号 >

口腔扁平上皮がん細胞におけるELAVL 2の発現

Files in This Item:
40_02_02 畑中知之(原著).pdf1.28 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/77555

Title: 口腔扁平上皮がん細胞におけるELAVL 2の発現
Other Titles: ELAVL2 Expression in Oral Squamous-cell Carcinoma Cell Lines
Authors: 畑中, 知之 Browse this author
三河, 洋平 Browse this author
東野, 史裕 Browse this author
鄭, 漢忠 Browse this author
安田, 元昭 Browse this author
Keywords: 口腔扁平上皮がん
ELAVL 2
Issue Date: Apr-2020
Publisher: 北海道歯学会
Journal Title: 北海道歯学雑誌
Volume: 40
Issue: 2
Start Page: 79
End Page: 86
Abstract: 一群の転写因子やサイトカインのmRNAの3’非翻訳領域(UTR)にはAU-rich element(ARE)と呼ば れる配列が存在し,これらのmRNA(ARE mRNA)の半減期は極端に短い.ELAVL1はARE mRNAを特異的に 安定化させ,その細胞質局在が悪性腫瘍症例の予後と相関することが報告されている.今回,神経特異的に発現す るとされるELAVL2に注目し,口腔扁平上皮がんの分化度との関連性を検討した.Real Time PCR法により,低 分化型口腔扁平上皮がん細胞株SASのELAVL2 mRNA発現量は高分化型口腔扁平上皮がん細胞株HSC2に比較し て圧倒的に高いことが示された.HSC2ではELAVL1が核局在性を示したが,SASでは細胞質への移行がみられた. 免疫沈降法により細胞質中のELAVL1がELAVL2と結合していることが確認された.さらに,ELAVL2を強制発 現したHSC2 ELAVL2では,ARE配列を有する遺伝子の発現亢進が認められ,中でも幹細胞性の制御に関わり 3’UTRにAREを有するLin28BはELAVL2の強制発現により発現が上昇していた.ヌードマウスに移植したHSC2 ELAVL2では,角化傾向の低い腫瘍胞巣が多数認められ,ELAVL2が口腔扁平上皮癌の分化に大きな役割を果た している可能性が示唆された
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/77555
Appears in Collections:北海道歯学雑誌 = Hokkaido Journal of Dental Science > 第40巻 第2号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University