HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Humanities and Human Sciences / Faculty of Humanities and Human Sciences >
北方言語研究 = Northern Language Studies >
第10号 >

タタール語の非動詞述語文における主語人称標示

Files in This Item:
05_83_98.pdf723.17 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/77604

Title: タタール語の非動詞述語文における主語人称標示
Other Titles: Subject Person Markings in Tatar Non-verbal Sentences
Authors: 菱山, 湧人1 Browse this author
Authors(alt): Hishiyama, Yuto1
Keywords: タタール語
非動詞述語文
述語人称標識
モダリティ
Issue Date: 20-Mar-2020
Publisher: 日本北方言語学会
Journal Title: 北方言語研究
Journal Title(alt): Northern Language Studies
Volume: 10
Start Page: 83
End Page: 98
Abstract: タタール語は多くのチュルク諸語と同様に、主語の人称・数と 一致する述語人称標識を持っている。先行研究によると、現代タタール語の非動詞述語文ではその使用はまれで、主に感情表出やモーダルのニュアンスを伴って、強調して述べる必要がある場合に用いられるという。本稿ではコーパス調査に基づき、特に一部の感情形容詞と位格述語、不定形+モーダル述語、モーダル小辞を述部に持つ肯定文で当該の人称標識の出現頻度が高めであることを示す。このことからタタール語の非動詞述語文では、感情表出や強調、断言や判断などのモダリティを表す表現において当該の人称標識が用いられる傾向があると言え、先行研究の記述が定量的調査からも裏付けられることを主張する。本稿の構成は次の通りである。まず第1節で先行研究の記述を要約し、第2節で調査方法と調査結果、第3節で まとめと考察、第4節で今後の課題を述べる。なお、特にことわりのない限り、外国語文献の翻訳、ラテン文字転写、例文番号、グロス、日本語訳、文字飾り、表は筆者による。出典記載のない例文は、特にことわりのない限り、第2節で述べるコーパスから得られたものである。
Tatar, like many Turkic languages, has subject person markers that agree with the person and number of the subject. Previous research have shown that its use in non-verbal sentences in modern Tatar is rare and is used primarily when emphasis is needed, with emotional and modal nuances. In this paper, based on the corpus investigation, we show that the frequency of appearance of the personal markers is high especially in positive sentences with some emotional adjectives and locative predicates, infinitive + modal predicates, and modal particle. Therefore, it can be said that non-verbal predicates in Tatar tend to take the personal markers in expressions representing modalities such as emotion, emphasis, assertion and judgment, and it is argued that the descriptions of previous studies are supported by quantitative research.
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/77604
Appears in Collections:北方言語研究 = Northern Language Studies > 第10号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University