HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

凍結融解作用を受ける支笏溶結凝灰岩の損傷に与える冷却速度の影響

Files in This Item:
01_Utashiro2020.pdf1.25 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/79278

Title: 凍結融解作用を受ける支笏溶結凝灰岩の損傷に与える冷却速度の影響
Other Titles: Impact of cooling rate on damage of Shikotsu welded tuff induced by freeze-thaw action
Authors: 歌代, 佳祐1 Browse this author
野中, 聡志2 Browse this author
児玉, 淳一3 Browse this author →KAKEN DB
福田, 大祐4 Browse this author →KAKEN DB
藤井, 義明5 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Utashiro, Keisuke1
Nonaka, Satoshi2
Kodama, Junichi3
Fukuda, Daisuke4
Fujii, Yoshiaki5
Keywords: 溶結凝灰岩
凍結融解
冷却速度
AEイベント
残留ひずみ
welded tuff
freeze-thaw
cooling rate
AE event
residual strain
Issue Date: 8-Sep-2020
Publisher: 資源・素材学会
Journal Title: 資源・素材学会秋季大会講演集
Volume: 7
Issue: 2
Start Page: 1K0201-06-05
Abstract: 寒冷地の岩盤表面では,しばしば凍結融解作用によって劣化が引き起こされる。そのため,岩盤斜面の長期安定性を評価するには,凍結融解による岩石の損傷の進行を把握することが重要である。本研究では,含水飽和状態の支笏溶結凝灰岩を対象に凍結融解試験を行い,岩石の損傷に与える冷却速度の影響について検討した。まず,同一の供試体に対して冷却速度を変化させながら凍結融解試験を実施した結果,冷却速度が遅くなるほど,間隙水の凍結開始温度は高くなること、1サイクルでのAEイベントの発生数が多くなること,残留ひずみや凍結膨張ひずみが大きくなることがわかった。次に,3つの供試体に対して,それぞれ異なる冷却速度で凍結融解サイクルを繰り返し与える試験を実施した結果,冷却速度を遅く設定した供試体ほど,残留ひずみと凍結膨張ひずみは大きいことがわかった。以上のことから,冷却速度が遅いほど1サイクル当たりの岩石の損傷は大きいと考えられる。
Description: 2020年度資源・素材関係学協会合同秋季大会(仙台). 2020年9月8日~10日. オンライン開催, 宮城県.
Conference Name: 2020年度資源・素材関係学協会合同秋季大会(仙台)
Conference Sequence: 2020
Conference Place: 仙台
Type: proceedings
URI: http://hdl.handle.net/2115/79278
Appears in Collections:工学院・工学研究院 (Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 藤井 義明

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University