HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

在来工法と NATM工法で建設されたトンネルの時間依存性挙動の三次元数値解析

Files in This Item:
03_Yamamoto2020.pdf1.2 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/79280

Title: 在来工法と NATM工法で建設されたトンネルの時間依存性挙動の三次元数値解析
Other Titles: Three-dimensional numerical analysis of time-dependent behavior of tunnels constructed by conventional method and NATM
Authors: 山本, 寛朗1 Browse this author
池田, 奈央2 Browse this author
児玉, 淳一3 Browse this author →KAKEN DB
才ノ木, 敦士4 Browse this author →KAKEN DB
村山, 秀幸5 Browse this author
新井, 智之6 Browse this author
福田, 大祐7 Browse this author →KAKEN DB
藤井, 義明8 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Yamamoto, Hiroaki1
Ikeda, Nao2
Kodama, Junichi3
Sainoki, Atsushi4
Murayama, Hideyuki5
Arai, Tomoyuki6
Fukuda, Daisuke7
Fujii, Yoshiaki8
Keywords: トンネル
時間依存性
三次元数値解析
在来工法
NATM
Tunnel
Time-dependent
Three-dimensional numerical analysis
Conventional method
NATM
Issue Date: 8-Sep-2020
Publisher: 資源・素材学会
Journal Title: 資源・素材学会秋季大会講演集
Volume: 7
Issue: 2
Start Page: 3K0201-06-05
Abstract: 現在,日本の山岳トンネルの建設は主にNATMが用いられているが,在来工法が用いられたトンネルも数多く存在している。NATMは掘削部分にコンクリートを吹き付けて迅速に硬化させ,岩盤とコンクリートとを固定するロックボルトを岩盤奥深くまで打ち込み,地山自体の保持力(アーチ効果)を利用してトンネルを保持する工法である。よって,土圧に対してトンネル覆工のみで地下空間を支える在来工法よりも,支保の変形や沈下量が小さいとされている。しかし,両者の力学的な状態の違いはあまり解明されておらず,建設中や供用後の長期的な挙動の違いは不明である。そこで,本研究では,在来工法とNATMで建設された同一の形状・寸法を有するトンネルの3次元モデルを製作し,コンプライアンス可変型構成方程式を用いて非線形粘弾性解析を行い,トンネル周辺の岩盤中の劣化ゾーンの大きさ・形状,内空変位の経時変化,支保工の軸力の分布とその経時変化を比較した。その結果,時間依存性の強い岩盤では,建設中は矢板工法でより損傷が進行し,内空変位の値も大きくなった。しかし,供用後にNATMで損傷が進行して内空変位の値が大きくなり,両者で10年後の損傷に違いはあまり見られなかった。
Description: 2020年度資源・素材関係学協会合同秋季大会(仙台). 2020年9月8日~10日. オンライン開催, 宮城県.
Conference Name: 2020年度資源・素材関係学協会合同秋季大会(仙台)
Conference Sequence: 2020
Conference Place: 仙台
Type: proceedings
URI: http://hdl.handle.net/2115/79280
Appears in Collections:工学院・工学研究院 (Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 藤井 義明

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University