HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

加熱、冷却による石炭試料の亀裂の発生と成長の観察

Files in This Item:
05_Minami2020.pdf2.95 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/79282

Title: 加熱、冷却による石炭試料の亀裂の発生と成長の観察
Other Titles: Observation of crack initiation and growth in coal specimen during heating and cooling processes
Authors: 南, 貴之1 Browse this author
児玉, 淳一2 Browse this author →KAKEN DB
菅原, 隆之3 Browse this author
濱中, 晃弘4 Browse this author →KAKEN DB
出口, 剛太5 Browse this author
板倉, 健一6 Browse this author
高橋, 一弘7 Browse this author →KAKEN DB
藤井, 義明8 Browse this author →KAKEN DB
福田, 大祐9 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Minami, Takayuki1
Kodama, Junichi2
Sugawara, Takayuki3
Hamanaka, Akihiro4
Deguchi, Gota5
Itakura, Kenichi6
Takahashi, Kazuhiro7
Fujii, Yoshiaki8
Fukuda, Daisuke9
Keywords: 石炭
亀裂
加熱
冷却
Coal
Crack
Heating
Cooling
Issue Date: 8-Sep-2020
Publisher: 資源・素材学会
Journal Title: 資源・素材学会秋季大会講演集
Volume: 7
Issue: 2
Start Page: 1K0201-06-04
Abstract: 石炭の燃焼,ガス化によりUCGでは石炭層に亀裂が発生する可能性があるため,その発生と成長のメカニズムの解明は、地表の安定性評価と環境リスクの評価に非常に重要な役割を持っている。筆者らは,塊炭と粉炭を用いて小規模なUCG模型実験を実施した結果、塊炭とで作製した人工炭層に加え,粉炭で作製した人工炭素にも燃焼空洞の周辺に放射状の亀裂が発生していることが明らかとなった。そして,500℃以上の温度の下で起こる石炭の熱収縮により燃焼空洞の周囲に引張応力が発生し,この引張応力が上記の放射状き裂を発生させた可能性があることを指摘した。本研究では,放射状き裂の発生と成長のプロセスの詳細を明らかにするために,加熱中および冷却中の塊炭試料と粉炭試料をカメラで撮影,観察した。そして,石炭の収縮変形や,亀裂の発生,伸長と温度との相関性を見出した。今後はDICにより加熱した際の石炭表面のひずみを測定し,塊炭の線膨張係数を算出するとともに,熱応力解析を行い,放射状亀裂発生のメカニズムを考察する予定である。
Description: 2020年度資源・素材関係学協会合同秋季大会(仙台). 2020年9月8日~10日. オンライン開催, 宮城県.
Conference Name: 2020年度資源・素材関係学協会合同秋季大会(仙台)
Conference Sequence: 2020
Conference Place: 仙台
Type: proceedings
URI: http://hdl.handle.net/2115/79282
Appears in Collections:工学院・工学研究院 (Graduate School of Engineering / Faculty of Engineering) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 藤井 義明

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University