HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Humanities and Human Sciences / Faculty of Humanities and Human Sciences >
研究論集 = Research Journal of the Graduate School of Humanities and Human Sciences >
第20号 >

日本語の名詞述語における複合動詞由来の転成名詞用法

Files in This Item:
06_rjgshhs_20_p091-110_l.pdf2.84 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/rjgshhs.20.l91

Title: 日本語の名詞述語における複合動詞由来の転成名詞用法
Other Titles: Compound verbs to noun conversion in Japanese noun predicates
Authors: 中村, 真衣佳1 Browse this author
Authors(alt): Nakamura, Maika1
Issue Date: 31-Mar-2021
Publisher: 北海道大学大学院文学院
Journal Title: 研究論集
Journal Title(alt): Research Journal of the Graduate School of Humanities and Human Sciences
Volume: 20
Start Page: 91(左)
End Page: 110(左)
Abstract: 本稿では,現代日本語の名詞述語文において属性叙述に解釈されるものと事象叙述に解釈されるものが存在するのはなぜかという問いに対して,名詞述語文の述部が複合動詞由来の転成名詞である例を対象に分析・考察する。分析の観点は,複合動詞〈V1+V2〉におけるV1の自動詞・他動詞の区別,V2の活用の有無,本動詞・補助動詞の区別,そして,名詞述語文における主語標示と主題表示である。主な主張は,名詞述語文の意味には静態的意味と動態的意味があることである。静態的な意味には,恒常的属性,非恒常的属性,状態(「時間の経過で変化する状態」と「動作主の意志的な動作により変化する状態」)があること,動態的意味には中立叙述,過去・非過去における事象,習慣的事象があることを指摘する。また,複合動詞の構造と文の意味の関係は,複合動詞〈V1+V2〉のV2が補助動詞であるのか,本動詞であるのかによって異なることも合わせて指摘する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/80784
Appears in Collections:研究論集 = Research Journal of the Graduate School of Humanities and Human Sciences > 第20号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar_1.0 )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University