HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第64巻 >

溶媒水分子は,溶質によってどの程度変わるのか : アルカリ金属イオンの溶媒和の場合

フルテキスト
TEION021-30.pdf611.46 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/8310

タイトル: 溶媒水分子は,溶質によってどの程度変わるのか : アルカリ金属イオンの溶媒和の場合
その他のタイトル: Influence of alkali metal ion on the solvent water molecules: solvent distribution and orbital interaction
著者: 相田, 美砂子 著作を一覧する
田中, 雅人 著作を一覧する
発行日: 2006年 3月22日
出版者: 北海道大学低温科学研究所
誌名: 低温科学 (Low temperature science)
巻: 64
開始ページ: 21
終了ページ: 30
抄録: The distribution of solvent water molecules around an alkali metal ion is calculated using Monte Carlo method and compared with the optimal configuration. The analysis of the orbital interaction between an alkali metal ion and the surrounding solvent molecules is performed for aqueous solutions of Li+, Na+ and K+, by means of ab initio MO method,with the aid of QM/MM method. The effect of alkali metal ion orbitals reaches as far as 6Å,7Å and 9Å for Li+, Na+ and K+, respectively. This effect is caused by the orbital interactions between the valence orbitals of an alkali metal ion and of the surrounding water molecules. Not only the electrostatic interaction but also the orbital interaction must not be neglected. The difference in the effect between the alkali metal ions is originated from the difference in the valence orbital extensions of the alkali metal ions.
アルカリ金属イオン水溶液系について,171個の溶媒水分子を含めた系に対してモンテカルロ法によ り溶媒水分子の分布を求めた.さらに,イオンおよび130個程度までの溶媒水分子に対する非経験的 分子軌道法計算により,溶媒水分子に対するイオンの影響を明らかにした.アルカリ金属イオンの影 響は,イオンの最外殻軌道と水分子の軌道との軌道間相互作用に起因しており,イオンの種類によっ て影響範囲が異なる.イオンの種類による電荷分布の違いには,イオン半径ではなく,イオンの最外 殻軌道が到達する範囲の違いが重要である
記述: 1章 コンピュータシミュレーションが拓く水系物質研究のフロンティア
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/8310
出現コレクション:第64巻

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学