HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第64巻 >

太陽系外生命の第一原理計算をめざして : メタンハイドレート新高圧相など

フルテキスト
TEION047-55.pdf1.01 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/8314

タイトル: 太陽系外生命の第一原理計算をめざして : メタンハイドレート新高圧相など
その他のタイトル: First principles calculations from methane hydrate to extrasolar life
著者: 飯高, 敏晃 著作を一覧する
発行日: 2006年 3月22日
出版者: 北海道大学低温科学研究所
誌名: 低温科学 (Low temperature science)
巻: 64
開始ページ: 47
終了ページ: 55
抄録: 水,氷,メタンハイドレートは地球生命の歴史に大きく関わってきた重要物質である.本稿ではメタ ンハイドレート高圧相,超高圧固体アルゴンおよび地球最深部構成物質MgSiO3 ポストペロブスカイ トに関する筆者の研究を紹介し,宇宙と生命の歴史を分子シミュレーションで解き明かす夢を語る.
Water,ice,and methane hydrate are substances that have important influences on life on earth. In this article, I introduce my research on methane hydrate, solid argon, and MgSiO3 post-perovskite,and discuss about my aim of deciphering the history of life and the universe from first principles.
記述: 1章 コンピュータシミュレーションが拓く水系物質研究のフロンティア
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/8314
出現コレクション:第64巻

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学