HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第64巻 >

第一原理分子動力学法による水の物理・化学的性質のシミュレーション : 超臨界水と高圧下メタンハイドレート

フルテキスト
TEION057-69.pdf1.25 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/8315

タイトル: 第一原理分子動力学法による水の物理・化学的性質のシミュレーション : 超臨界水と高圧下メタンハイドレート
その他のタイトル: First-principles molecular dynamics simulations for physical and chemical properties of water : supercritical water and high-pressure phases of methane hydrate
著者: 寺倉, 清之 著作を一覧する
池田, 隆司 著作を一覧する
Boero, Mauro 著作を一覧する
発行日: 2006年 3月22日
出版者: 北海道大学低温科学研究所
誌名: 低温科学 (Low temperature science)
巻: 64
開始ページ: 57
終了ページ: 69
抄録: 多様な状況下で多様な振る舞いを示す水の性質の解明は,長い研究の歴史にも拘らず,なお物理化学, 生物の主要な研究課題となっている.第一原理分子動力学法に基づく計算機シミュレーションによる 水の研究から,水の基本的性質,超臨界水の物理と化学,高圧下のメタンハイドレードなどについて 解説する.
Water can exhibit various properties under various conditions. Despite the long history of research, the elucidation of basic properties of water is still a central subject in physical chemistry and biology. Recent activities in the study of water are reviewed on the following subjects : 1) basic properties of water, 2) supercritical water and its role in chemical reactions, and 3) high-pressure phases of methane hydrate
記述: 1章 コンピュータシミュレーションが拓く水系物質研究のフロンティア
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/8315
出現コレクション:第64巻

提供者: 寺倉 清之

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学