HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第64巻 >


TEION071-75.pdf462.53 kBPDF見る/開く

タイトル: 分子動力学シミュレーションによるスメクタイト層間水の構造と物性の研究
その他のタイトル: Study of molecular structure and properties of interlayer water in Na-beidellite by molecular dynamics simulations
著者: 鈴木, 覚 著作を一覧する
河村, 雄行 著作を一覧する
発行日: 2006年 3月22日
出版者: 北海道大学低温科学研究所
誌名: 低温科学 (Low temperature science)
巻: 64
開始ページ: 71
終了ページ: 75
抄録: ナトリウム型スメクタイトの層間水の分子構造と鉱物--水相互作用の関係について分子動力学法に より研究した.層間水の振動スペクトルは3365と3500cm-1 にピークを持ち,赤外吸収測定結果とほ ぼ一致している.後者は粘土表面に向かって配向したO-H 結合に帰属され,前者は配向していない O-H 結合に帰属される.水素結合距離(H...O距離)は,水分子--粘土表面間(0.22nm)の方が水 分子--水分子間(0.19nm)よりも長く,振動数との関係も調和的であった.
The relationship between molecular structure and the water-clay interaction of interlayer water in sodium type smectite were discussed using molecular dynamics (MD) simulations based on the free flexible force field model. Two distinct bands were found at 3365 and 3500 cm-1 in the stretching vibrational spectrum of interlayer water. The former was assigned to the O-H bond that was not bound to the clay surface, while the latter was attributed to O-H vibrations bound to the clay surface through hydrogen bonding. The hydrogen bond distance (H...O distance) between water and the clay surface (H water ... O clay = 0.22 nm) was larger than that between water molecules (H water...O water = 0.19 nm). Detailed comparisons of simulation results with IR spectroscopic observations indicated good agreement.
記述: 1章 コンピュータシミュレーションが拓く水系物質研究のフロンティア
資料タイプ: bulletin


本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at へお願いします。 - 北海道大学