HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第64巻 >

水のポリアモルフィズムの水溶液系への応用 : OH 伸縮振動モードからの考察

フルテキスト
TEION103-113.pdf742.34 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/8322

タイトル: 水のポリアモルフィズムの水溶液系への応用 : OH 伸縮振動モードからの考察
その他のタイトル: Application of a water polyamorphism to an aqueous solution system
著者: 鈴木, 芳治 著作を一覧する
発行日: 2006年 3月22日
出版者: 北海道大学低温科学研究所
誌名: 低温科学 (Low temperature science)
巻: 64
開始ページ: 103
終了ページ: 113
抄録: 最近の過冷却水やアモルファス氷の研究から水(H2O)には密度も局所構造も異なる2つの液体状態 が低温領域に存在することがわかってきた.この水の2つの液体状態に関する新しい考え方は「水の ポリアモルフィズム」と呼ばれている.本論文では,水のポリアモルフィズムの立場から水溶液の溶 媒状態を考える.我々は,様々な方法で低濃度水溶液のガラス状態を作り,そして,ラマン分光法を 用いてその水溶液ガラスのOH 伸縮振動モードを測定した.これらの水溶液ガラスのラマンスペクト ルと低密度アモルファス氷,高密度アモルファス氷,過冷却水のラマンスペクトルの比較から,水溶 液の溶媒状態は少なくとも3つの状態が存在する可能性が示唆された.現時点ではこの結果は水のポ リアモルフィズムの考え方と矛盾しない.
Recent studies of supercooled liquid water and amorphous ices indicate that two distinct liquid waters exist at low temperatures. This new concept related to liquid water is called "a water polyamorphism". In this paper, the application of water polyamorphism to an aqueous solution system is discussed. We vitrified a dilute aqueous solution using several quenching-methods and measured the OH stretching vibrational Raman mode of the glassy dilute aqueous solutions. Raman studies indicate that the number of the glassy state of a solvent in an aqueous solution may be at least three. At this stage, the results are consistent with a water polyamorphism.
記述: 2章 水系物質の物性研究フロンティア
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/8322
出現コレクション:第64巻

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学