HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第64巻 >

氷およびクラスレートハイドレートの照射効果と年代測定・環境評価への試み : 星間空間のアモルファス氷から海洋底のガスハイドレートまで

フルテキスト
TEION223-230.pdf662.37 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/8337

タイトル: 氷およびクラスレートハイドレートの照射効果と年代測定・環境評価への試み : 星間空間のアモルファス氷から海洋底のガスハイドレートまで
その他のタイトル: Radiation effects on ice and clathrate hydrate for chronology and environmental assessment
著者: 谷, 篤史 著作を一覧する
法澤, 公寛 著作を一覧する
矢田, 猛士 著作を一覧する
竹家, 啓 著作を一覧する
発行日: 2006年 3月22日
出版者: 北海道大学低温科学研究所
誌名: 低温科学 (Low temperature science)
巻: 64
開始ページ: 223
終了ページ: 230
抄録: 氷やクラスレートハイドレートに放射線を照射すると内部にラジカル種が誘起される.その一部は試 料内部で安定化し,電子スピン共鳴(ESR)法により検出できる.本稿では,星間空間の氷星間塵に 存在すると考えられているアモルファス氷や南極氷,霧氷,メタンハイドレートといった試料を対象 とし,その照射効果をESR 法により調べ,年代測定や環境評価の可能性について検討した.
Radiation effects on amorphous ice, Antarctic ice, rime ice and methane hydrate have been studied by electron spin resonance (ESR) for chronological applications and environmental assessments. In amorphous ice, HO2 radicals formed by UV light exposure decay around 150 K, followed by phase transition from amorphous ice to ice (Ic). In Antarctic ice and lime ice, NO2 was detected after gamma-ray irradiation, suggesting that ESR signals of NO2 may be used as a tracer of NOx or NO3- in ice. In methane hydrate, methyl radicals formed by gamma-ray irradiation decayed over 193 K, dissociation temperature of methane hydrate. The radical may be stabilized in the cages formed by water molecules.
記述: 3章 クラスレートハイドレート研究のフロンティア
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/8337
出現コレクション:第64巻

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学