HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
教育学院・教育学研究院  >
北海道大学大学院教育学研究院紀要 = Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University >
第100号 >

内発的発展としての地域産業振興における地域住民セクターの意義と役割-徳島県木頭村のダム反対運動と「ヘルシック」「きとうむら」に着目して-

フルテキスト
100_77-97.pdf954.65 kBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/b.edu.100.77

タイトル: 内発的発展としての地域産業振興における地域住民セクターの意義と役割-徳島県木頭村のダム反対運動と「ヘルシック」「きとうむら」に着目して-
その他のタイトル: The Significance and a Role of Regional Industrial Promotion in Endogenous Development: The Dam Protest Movement and Third Sector, Community Sector
著者: 淀野, 順子 著作を一覧する
キーワード: 内発的発展
地域産業振興
地域資源
地域住民セクター
地域通貨
発行日: 2007年 1月31日
出版者: 北海道大学大学院教育学研究科
誌名: 北海道大学大学院教育学研究紀要
巻: 100
開始ページ: 77
終了ページ: 97
抄録: 本稿は人間発達としての内発的発展とはいかなるものかを検討するため、内発的発展としての地域産業振興における地域住民セクターの意義と役割を明らかにすることを目的としている。本稿では村をあげてダム反対運動を展開した木頭村を事例として取り上げ、地域住民が内発的発展としての実践の主体となる過程を明らかにした。さらに実践の過程において設立した地域住民セクターの現状を検討することにより、内発的発展の条件を検討した。その結果、環境・健康・生活文化に配慮し、地域を重視した地域住民セクターによる地域産業振興は、経済原理では評価されにくい多様な地域資源認識をもたらし、地域経済を活性化していることが確認できた。また、地域通貨の利用などを介した地域内・地域間の連携が、人間発達としての内発的発展の契機となっていることが確認できた。
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/18865
出現コレクション:第100号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学