HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
科学技術コミュニケーション教育研究部門 : CoSTEP  >
科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication >
1号 >

Web2.0 と科学技術コミュニケーション

フルテキスト
JJSC-57-71.pdf1.34 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/17536

タイトル: Web2.0 と科学技術コミュニケーション
その他のタイトル: Web2.0 and Science Communication
著者: 石村, 源生 著作を一覧する
キーワード: Web2.0
CGM
blog
communication design
wisdom of crowds
発行日: 2007年 3月
出版者: 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット
誌名: 科学技術コミュニケーション
掲載誌等別名: Journal of Science Communication
巻: 1
開始ページ: 57
終了ページ: 71
抄録: As symbolized by the word 'Web2.0', today's progress and popularization in internet technology realized growth of novel communication media for citizens, which resulted in explosive increase of information flow generated by individuals. The trend is also quite essential for science and technology communication. We should not only 'comment' on it from outside but also 'do' science and technology communication using internet by ourselves, and consider the future of communication in our society.
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/18943
出現コレクション:1号

提供者: 『科学技術コミュニケーション』編集委員会

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学