HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第65巻 >

樹木年輪セルロースの酸素同位体比による古気候の復元を目指して

フルテキスト
NAKATUKA.pdf2.09 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/20454

タイトル: 樹木年輪セルロースの酸素同位体比による古気候の復元を目指して
その他のタイトル: Reconstruction of paleo-climate using tree-ring oxygen isotopic ratios
著者: 中塚, 武 著作を一覧する
発行日: 2007年 3月23日
出版者: 北海道大学低温科学研究所
誌名: 低温科学 = Low Temperature Science
巻: 65
開始ページ: 49
終了ページ: 56
抄録: 近年、分析技術の発達により、樹木年輪に含まれるセルロースの酸素同位体比を古気候復元に利用する取り組みが進められている。酸素同位体比は、年輪幅や年輪の炭素同位体比と異なり、樹木自身の生理生態学因子の影響をほとんど受けず、もっぱら降水の酸素同位体比と相対湿度のみに依存して変化するため、日本のように降水量が多く森林内の樹木密度が高い地域においても、過去の水循環変動の復元等に利用できる。また、年層内の酸素同位体比の季節変動を詳細に測定することで、樹木から過去の月単位の古気候情報を取得することも可能になりつつある。
The recent development of improved analytical methods means that oxygen isotopic ratios of tree-ring cellulose is now a new powerful tool in reconstructing past changes in climate. The oxygen isotopic ratio of tree rings is not affected by physio-ecological factors: it reflects only the precipitation isotopic ratio and relative humidity. Consequently, it is applicable in the reconstruction of the past water cycle, even in regions such as Japan where competition for light among densely populated trees makes it difficult to utilize tree-ring width or carbon isotopic ratios for climatic analyses. Moreover, recent progress in the analysis of the intra-ring oxygen isotopic ratio will soon enable the extraction of information regarding past seasonal changes in climate.
記述: 1章 10年~100年スケールの気候変動の観測, 気候復元とモニタリング
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/20454
出現コレクション:第65巻

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学