HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第65巻 >

気候モデルによる気候変化研究 : 温暖化と古気候の接点

フルテキスト
KITOH.pdf3.7 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/20457

タイトル: 気候モデルによる気候変化研究 : 温暖化と古気候の接点
その他のタイトル: Climate-change simulations : Future climate projections and paleo-climate modeling
著者: 鬼頭, 昭雄 著作を一覧する
発行日: 2007年 3月23日
出版者: 北海道大学低温科学研究所
誌名: 低温科学 = Low Temperature Science
巻: 65
開始ページ: 77
終了ページ: 85
抄録: 全球大気海洋結合大循環モデル(AOGCM)は温暖化予測から古気候研究まで幅広い目的で用いられている。最近のAOGCM でも、現在の大気・海洋状態の主な特徴を再現するものの、観測と比べると基本場にバイアスが存在する。本稿では、気候モデルの現在気候再現性能を概観した後、21世紀末の温暖化予測および完新世中期(6,000年前)の古気候予測実験の実例を紹介する。完新世中期では地球軌道要素の強制により、北半球では夏冬間の季節変化の増幅、夏季モンスーンの強化などの顕著な応答が見られる。モデル基本場の違いによる差についても議論した。
Coupled atmosphere-ocean general circulation models (AOGCMs) can be used for future climate projections and paleoclimate simulations. AOGCMs that are currently used for climate simulations reproduce the major characteristic features of the present atmosphere and ocean climate; however, they tend to show a diffuse thermocline and a weaker salinity contrast between the ocean basins. We present selected AOGCM results of future climate projections for the end of the 21st century. We also show an example of paleoclimate simulations for the Mid-Holocene (6,000 years before the present). The results reveal robust features such as an enhanced winter-to-summer seasonal change and enhanced monsoons, responding to the prescribed orbital forcing.
記述: 2章 千年~10万年スケールの気候復元とモデリング
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/20457
出現コレクション:第65巻

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学