HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第65巻 >


TAKAHARA.pdf363.98 kBPDF見る/開く

タイトル: 花粉分析による植生復元と気候復元
その他のタイトル: Pollen-based reconstructions of past vegetation and climate
著者: 高原, 光 著作を一覧する
発行日: 2007年 3月23日
出版者: 北海道大学低温科学研究所
誌名: 低温科学 = Low Temperature Science
巻: 65
開始ページ: 97
終了ページ: 102
抄録: 花粉分析による過去の植生復元と気候復元について近年の動向を概観した.花粉組成と植生との関係を定量的に理解するためには,花粉生産量,花粉の飛散距離,植生分布,堆積盆の大きさを考慮したPrentice(1985)やSugita(1993,1994)のモデルを解説した.地球的規模で花粉分析データから過去のバイオームを復元しようとする取り組みであるBiome 6000について,その原理や方法を解説した.また,花粉分析データによる気候復元について,Nakagawa et al.(2002)の手法を紹介した.
This paper reviews recent progress in the use of pollen data in reconstructing past vegetation and climate. The models developed by Prentice and Sugita, which can define the spatial scale of vegetation represented by the fossil pollen, can be applied to studies of forest dynamics. Also, the biomization method is used to reconstrucst biomes from pollen data using a biome model. Finally, pollen-based climate reconstruction method using modern analogues for the relationship between climate data and pollen data obtained from surface samples are reviewed.
記述: 2章 千年~10万年スケールの気候復元とモデリング
資料タイプ: bulletin


本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at へお願いします。 - 北海道大学