HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
低温科学研究所  >
低温科学 = Low Temperature Science >
第65巻 >

海氷の数値予測とその応用

フルテキスト
KAWAGUTI.pdf1.73 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/20463

タイトル: 海氷の数値予測とその応用
その他のタイトル: Numerical predictions of sea ice and its application
著者: 川口, 悠介 著作を一覧する
池田, 元美 著作を一覧する
発行日: 2007年 3月23日
出版者: 北海道大学低温科学研究所
誌名: 低温科学 = Low Temperature Science
巻: 65
開始ページ: 131
終了ページ: 137
抄録: 海氷は,極域の気候に大きな影響を与える重要な物質で,生成,消滅,移動,変形といったさまざまな側面が複雑に関連しあいながら存在している.Hibler(1979)以前の海氷の数値モデルにおいては,海氷は主に力学的側面と熱力学的側面に大別されて独立に発展してきた.また,海盆規模の海氷の漂流は海洋と同様に連続流体としてモデル化されてきたが,近年個々の氷群や氷板の振る舞いを重視したLagrangian的なモデルが注目されている.本稿では,海氷の数値モデルにおいてもっとも基礎 的な力学モデルと熱力学モデルについて解説し,多数の粒子を用いて海氷をLagrangian的に表すSPH モデルについて記述する.
Key characteristics of sea ice such as growth, decay, movement, and deformation interact in a complex way to influence polar climate. Accordingly, thermodynamic and dynamic models have been developed separately. Sea ice has been modeled as a continum medium, as well as the atmosphere and ocean have, because of the ease of treatment given this assumption; however, in some experiments sea ice is regarded as a collection of ice floes and thereby modeled using Lagrangian methods and a number of particles. Here, we introduce an outline of sea-ice modeling and consider an application of such modeling to the Sea of Okhotsk, which has a seasonal sea ice extent and is the most familiar ocean in terms of this type of research.
記述: 3章 環オホーツク圏のモデリング
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/20463
出現コレクション:第65巻

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学