HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
科学技術コミュニケーション教育研究部門 : CoSTEP  >
科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication >
5号 >

トキ野生復帰に関するサイエンスカフェの企画・準備・実施の記録と分析 : 理系研究者による対話活動を支援するための手法の検討

フルテキスト
JJSC_no5_p19-40.pdf3.04 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/36206

タイトル: トキ野生復帰に関するサイエンスカフェの企画・準備・実施の記録と分析 : 理系研究者による対話活動を支援するための手法の検討
その他のタイトル: The Record and Analysis of Science Café about Reintroduction of Crested Ibis into Sado Island : The Study of the Guide for Scientists for Science Café Administration
著者: 川本, 思心 著作を一覧する
浅羽, 雅晴 著作を一覧する
大石, 麻美 著作を一覧する
武山, 智博 著作を一覧する
関島, 恒夫 著作を一覧する
島谷, 幸宏 著作を一覧する
西條, 美紀 著作を一覧する
キーワード: format
science cafe
Crested Ibis (Nipponia nippon)
Sado Islan
発行日: 2009年 3月
出版者: 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット
誌名: 科学技術コミュニケーション = Journal of Science Communication
巻: 5
開始ページ: 19
終了ページ: 40
抄録: Dialogues with community constituents are indispensable for scientists whose research fields and applications are closely related with communities throughout the research processes of consensus building on executions of research projects, making decisions on research policies, sharing the products of the projects, corrections. What kind of guidance is required for scientists to maintain a dialogue with the society? Using mailing list and web portfolio, we recorded a process of planning and executing a science cafe with two researchers who research for reintroduction of Crested Ibis (Toki) into Sado Island. Additionally, to understand the reality of the research, we observed the field research by the scientists in Sado Island. This record and analysis about difficulty and the solution of the science cafe serves scientists as a effectively guidance.
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/36206
出現コレクション:5号

提供者: 『科学技術コミュニケーション』編集委員会

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学