HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Education / Faculty of Education >
子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development >
第4号 >

発達障害のある方々への生涯発達支援の実践研究の進捗状況(2)

Files in This Item:
ARRCCCD4_001.pdf458.81 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/42951

Title: 発達障害のある方々への生涯発達支援の実践研究の進捗状況(2)
Other Titles: A progress report of a research projects on support method of lifelong learning for the children / persons with developmental disabilities (2)
Authors: 田中, 康雄1 Browse this author →KAKEN DB
内田, 雅志2 Browse this author
久蔵, 孝幸3 Browse this author
福間, 麻紀4 Browse this author →KAKEN DB
川俣, 智路5 Browse this author
伊藤, 真理6 Browse this author
美馬, 正和7 Browse this author
金井, 優実子8 Browse this author
松田, 康子9 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Tanaka, Yasuo1
Uchida, Masashi2
Hisakura, Takayuki3
Fukuma, Maki4
Kawamata, Tomomichi5
Itou, Mari6
Mima, Masakazu7
Kanai, Yumiko8
Matuda, Yasuko9
Keywords: 発達障害
生活障害
ノットワーキング
あなた
Issue Date: 25-Mar-2010
Publisher: 北海道大学大学院教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター
Journal Title: 子ども発達臨床研究
Journal Title(alt): Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development
Volume: 4
Start Page: 1
End Page: 9
Abstract: 2009年に行ったわれわれの「発達障害のある方々への生涯発達支援の実践研究」について報告した。まず、発達障害は生活障害である。その視点に立つことで、われわれの実践研究を(1)養育者支援に関する研究、(2)保育・教育現場における支援研究、(3)特殊な生活環境における支援研究、(4)ADHDに関する調査研究と分類して、生活環境を中心に包括的な検討をした。われわれが向き合う「あなた」は、当初は養育者、次に当事者、さらにかれらを取り巻く関係者となる。同時に、われわれには、関係者といかに手を携えて総合的な支援策を構築するか、ということも求められる。最後に連携・ネットワーク作りからノットワーク作りへという移行を提案した。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/42951
Appears in Collections:子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development > 第4号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

Feedback - Hokkaido University