HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Education / Faculty of Education >
子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development >
第4号 >

地域生活支援による自己構造の発展論理 : 社会的に排除された若者の自立支援との関わりで

Files in This Item:
ARRCCCD4_002.pdf688.31 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/42952

Title: 地域生活支援による自己構造の発展論理 : 社会的に排除された若者の自立支援との関わりで
Other Titles: Development of Self Structure based on Community Empowerment
Authors: 宮﨑, 隆志1 Browse this author →KAKEN DB
日置, 真世2 Browse this author
Authors(alt): Miyazaki, Takashi1
Hioki, Masayo2
Keywords: 若者支援
地域生活支援
協働的自己
コミュニティ・エンパワメント
Issue Date: 25-Mar-2010
Publisher: 北海道大学大学院教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター
Journal Title: 子ども発達臨床研究
Journal Title(alt): Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development
Volume: 4
Start Page: 11
End Page: 20
Abstract: 社会的に排除された若者の自立支援にコミュニティ・エンパワメントの視点から接近する意義と課題を検討した。具体的な事例に即して、共時的移行の困難と自己の構造化の困難との関連を確認した上で、コミュニティ・エンパワメント型支援実践の構造を解明した。最後に、そのようなタイプの実践がもたらす自己の構造変化を、協働的な自己再構成の過程として抽出し、協働的活動システムの構築による支援実践や教育実践の可能性を導いた。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/42952
Appears in Collections:子ども発達臨床研究 = The Annual Report of Research and Clinical Center for Child Development > 第4号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University